障害年金に関するご相談

障害年金について知っていますか?

障害年金請求

障害年金は請求しない限りもらえません。

障害認定基準

障害認定基準という難しい基準があります。

医師

医師・介護の方々としっかり話し合う必要があります。

申請

申請も難しく採用も厳しいので受給を諦めている人が多いのが現状です・・・

障害年金の対象となる傷病の例

①精神の障害
うつ病、認知症、老年性精神病、統合失調症、てんかん、知的障害、発達障害、その他精神病など

②肢体の障害
上股または下股の離断・切断、脳軟化症、脳血管障害による後遺症、重症筋無力症、関節リウマチ、多発性硬化症など

③その他の傷病(例)
糖尿病関連疾病、がん(肺がん、肝臓がん、乳がんなど)、心臓疾患、その他難病など



簡単な業務の流れ

1.お問い合わせ頂いたのち、ご希望の日時・場所で面談・相談を行います。
     ↓
2.委任状を書いて頂き、年金事務所にて年金記録を確認し、必要書類を受領します。
     ↓
3.病院に出向いて書類作成依頼します。
     ↓
4.打ち合わせを行いながら、病歴(就労)状況申立書の原案を完成させます。
     ↓
5.請求書・添付書類をそろえて代理人が年金事務所等へ提出手続きをします。

※報酬は成果報酬となります(書類提出時の諸経費は別途請求)
※打ち合わせ内容によって変化する場合がございます。


お気軽にお問い合わせください

WEB予約はこちら